数学の確固たる曖昧さ

アメリカに留学してきたインド出身の青年がかつて数学者として有名だったという祖父の過去を探っていく。公理から組み立てられる絶対的な数学を信じる祖父は、かつて「神」についての考え方を明らかにしたことでアメリカで逮捕される。神 … 続きを読む

優雅なハリネズミ

以前パリで飛行機に乗る直前に購入したフランス語版も紹介したのですが、その後ロングセラーとなったようです。日本未公開ですが映画化も。人にプレゼントしたくなる作品ということで「ギフトセラー」と呼ばれたそうです。 … 続きを読む

整数の分割

知り合いの先生に薦められて読んでみました。中高生でも十分に楽しめる構成です。 「整数の分割」は、文字通り3を、3、1+1+1、2+1などと正の整数の和で表すことです。 本書の冒頭に紹介されている驚くべきオイラーの発見 任 … 続きを読む

解析概論

おそらくこれを手に取ったことのない数学科の学生は一人もいないと思います。数学科を本気で目指す高校生もほぼ全員が手に取る本でしょう。 なぜ、今更紹介するかというと、版が新しくなり、現代っ子にもかなり読みやすい紙面となりまし … 続きを読む

無限と連続

p12 数えるという手続きは、あらゆる有限個の集合を、自然数{1,2,3・・・}の集合のなかに一対一に対応させることにほかならない 数学を進めていく上で不可欠な土台である「集合」の考え方。算数、数学と学んできて最初の大き … 続きを読む